消費者金融のキャッシングは、手軽にお金の融資を受けることができるサービスとして認知されています。キャッシングでお金を借りる時には担保などが必要ないために、利用者の信用に基づいて融資が行われます。そのために借り入れの申込みをしたときに、融資の可否や利用限度額を決めるための審査があります。審査をクリアしないとキャッシングを利用できないと聞くと、未体験の人ほど、自分は大丈夫だろうかと考えがちです。安心して審査を受けるためには、審査の内容を知っておくといいでしょう。キャッシングの審査では、氏名や住所などの基本情報と勤務先や勤続年数、年収などのような様々な個人情報についても答える必要があります。キャッシング申込みのときに答えた情報によってスコアリング化が行われて、融資が可能かどうかが判断されます。どの消費者金融会社でも、年齢条件や収入条件などはキャッシングの審査時に設定されているものです。さらに、過去の利用履歴がある人であれば信用情報についても、審査のときの大切なポイントとなります。これまでキャッシング融資を受けたことがある場合、借りたお金を期日通りに返済できていれば信用になりますし、返済を滞らせたことがあれば審査では不利になります。貸金業法という法律では、キャッシングの融資額の最大幅が定められています。消費者金融会社による融資額の合計では、年収の3分の1を越えてはいけないということになっています。キャッシングの申込み時に行われる審査について予め把握しておくことで、スムーズに融資を受けることができるようになります。