返済能力の有無が、キャッシングの審査の結果に深く関わっています。返済能力に不安がある人に対しては、審査ではノーという答えが出されます。どんなに150万円を借りたいと申し出たとしても、返済能力が100万円以下だと判断されれば、150万円の融資は無理な話です。ただ、キャッシングの審査の概要は企業秘密になっており、返済能力があっても落とされてしまうことはあります。これまで、キャッシングで融資を受けて、返済を遅らせたことがあると、審査ではマイナスに判断されます。審査に通れない大きな理由としては、これまで融資を受けたことはあるけれど、返済をきちんとできていなかったという人です。基本的に、債務整理をしてから5年間は、新しくキャッシングサービスを使うことはできません。どの金融機関でも、審査をクリアすることはます無理です。時たま、債務整理後4年で次の融資が認められたという人もいますが、大抵は5年は待たなければ審査はクリアできません。もしも、新たにキャッシングの審査を受けることになったら、事前にできる準備をしておきましょう。具体的には事前に家計診断、返済シミュレーションをして、借りる金額を1万円でも減らしていくのです。借入希望金額が小さければ、キャッシング会社としても貸しやすくなります。審査の基準も低く抑えられますし、結果として融資が受けられます。なぜ審査に落ちたかを金融機関は教えてくれないので、推測を立てて、次に生かすしか方法がありません。